一人一人のペースに合わせて教育できる

個々のレベルアップが見込める

社員教育をする場合は指導者の数を決めなければなりません。数百人や数千人の規模で社員教育をする場合はそれなりの人数の指導者を準備する必要があります。しかし、数名や数十名程度の人数ならマンツーマンを検討しましょう。マンツーマンで行う社員教育は、個々のレベルアップが見込めるメリットがあります。少人数の指導者よりも一人一人に教えられる時間が長くなる分、たくさんの知識や技術を習得してもらえます。そのため、社員教育にてできる限り成長させたいと考えているのであれば、マンツーマンでの指導がおすすめです。せっかくマンツーマンで指導するなら、社員の能力や性格に合う指導者を選んだ方がよりレベルアップが見込めるでしょう。

マイペースなタイプの社員ほど成長しやすい

マンツーマンでの社員教育は、マイペースなタイプの社員が成長しやすいです。他の人と比べる必要がないので焦りや不安がない分、落ち着いて学べるようになるからです。そのため、マイペースな社員が多いと感じている場合はマンツーマンの社員教育を検討しましょう。すると、一度の社員教育で予想以上に成長する可能性があります。もちろん、飲み込みが速いタイプにもマンツーマンでの指導は効果的です。社員教育の参加者には学んだことや感想をレポートにまとめてもらうことが大切です。すると、何を学んでできるようになったのかがはっきりとわかりますし、足りない部分が見えてきます。また、マンツーマンの社員教育の効果も判断できるでしょう。

© Copyright Work-Related Education. All Rights Reserved.