指導される側が質問しやすい

スキルを覚えるならマンツーマン形式が有効

マンツーマンで社員教育を行うメリットは、現場でのやり方を教える側が責任をもって指導していくので、短期間で会社でやっていくための知識およびスキルを指導される側に身に付けさせたいときに効果があります。指導する側にとっては、指導する本人の成長にもつながりやすいのがメリットです。教える側にとっては、仮に最初は頼りなかったとしても教えていくうちに仕事に対する責任や自覚が生まれます。指導する側にとっては、今までの仕事に対する考え方を改める良い機会です。指導される側も、分からないことがあった場合に指導する人へと質問しやすいメリットがあります。ある程度自分のペースで成長できるため、問題にぶつかったときも指導する側をはじめ周りの力を借りながら解決しやすくできます。

周りとの関係を築くのに適しています

マンツーマン形式の指導には、もう一つ大きなメリットがあります。それは、仕事を通じて関係を築きやすくできる点です。指導される側と指導を行う側の間に協調性や信頼関係が生まれることで一つのチームとして機能していきます。指導される側はマンツーマン指導を受けていく中で、必要なスキルだけではなく会社の戦力として働くのに必要なマナーやコミュニケーション能力なども身に着けます。その結果、周りとの関係を築きやすくなり会社でやっていく自信が付きやすくなります。指導する側もされる側もマンツーマン指導によって現場で役立つ知識を身に着けようと努力しますので、指導が終わるころには即戦力の人材として会社の部署で活躍できる可能性が高いです。そうした複数のメリットがあるため、マンツーマン指導で社員の教育をしている企業は多いです。

© Copyright Work-Related Education. All Rights Reserved.